Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正 > 出産後には骨盤の歪み 春風堂接骨院(整骨院)

出産後には骨盤の歪み 春風堂接骨院(整骨院)

2017.07.12 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院) 向です。

暑くなってきましたね!

梅雨はまだあけてはいないはずなのですが、暑さが先行してきました。

暑い中、冷たいものを取りすぎてしまうと内臓が冷えて食欲が減り夏バテにつながってくるので取りすぎはご注意下さい!

今回紹介したいのは産後骨盤矯正で来院された患者さまの体験談を紹介していきたいと思います。

 

産後骨盤矯正

息子を出産して半年程経った頃、右腰から太ももにかけて立っていられないほどの痛みが続き、お世話になることになりました。
産後の身体の事を分かりやすく説明して下さいながら丁寧に施術して頂き、初診以降痛みが無くなりました。
施術中に息子がぐずることもありますが、毎回スタッフの方々が優しくあやしたり抱っこをして下さいます。近くに子供を預ける人が居ないため、子連れで行けるのは本当に嬉しいことです。スタッフの皆様いつもありがとうございます。
骨盤のみのつもりでしたが、長年やっている楽器の演奏姿勢から首に痛みが出ることが多いため、そちらも診ていただく予定です。

 

この方は去年の9月に出産されてから身体に不調がでてきたとのことです。

出産した後はどうしても骨盤の開きなどの歪みが強く出やすいのと、筋肉が過大に使用した後なので疲労が溜まり硬くなってしまいます。

なぜ骨盤の歪みが強く出るのかというと出産の際に恥骨結合という場所がホルモンの影響で通常開かない場所が開いてくれます。

恥骨結合部が開いてくれることでお子さんが誕生します。

この後に恥骨結合部が元の位置に戻ってくれたらいいのですが、なかなかそうはいきません。

なぜなら出産時に過大に使用した筋肉が邪魔をしているのです。

筋肉は基本骨から骨へ付いており筋肉が引っ張る形で骨を動かし身体を動かしてくれます。

ただ、この筋肉が過大に使ったりずっと使いすぎていると疲労が溜まっていくと硬く短縮してしまいます。

短縮することにより骨が引っ張られることで骨格の歪みに繋がってくるのです。

この硬さが動きにくい、痛みがでることに影響を出しているのです。

また、骨盤の歪みが出るとどうして身体に不調が出てしまうのかというと、まず身体のバランスが崩れてしまうのが一番の要因です。

骨盤というのは人間では土台に値するところです。

土台となる歪みが出てしまうと左右等のバランスが崩れどっちかに負担がかかりやすい状態になってしまいます。

出産後には骨盤の歪みは出やすいのです。

この方は右腰から太腿にかけて痛みがでているのは骨盤の歪みのなかの左右のバランスが崩れているために右腰に負担をかける動作が多くあるためです。

土台自体が歪んでくると腰だけではなく股関節、膝や上半身での肩や首などに影響を出してしまいます。

出産後には骨盤の歪みだけではなく筋肉の硬さこの両面から取らないといけないのです。

何か心配なこと、わからないことがあれば遠慮なくご相談ください。

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之