Blog記事一覧 > 未分類 > 慢性的な腰の痛みでのぎっくり腰

慢性的な腰の痛みでのぎっくり腰

2017.07.01 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

先週は晴れ晴れとしスッキリした天気が続いていましたが今週に入り

どんよりとした天気で心も身体もスッキリしませんね。

このようにどんよりした天気の時は身体がいつも違う感じがすると思います。

何か身体に異変や違和感・腰の痛み肩の痛みなどありましたら間をあけずすぐ来院ください!

この季節はこういったことが多いと思いますが一緒に頑張って良くしていきましょう!!

今回は一年に二回ほどぎっくり腰をしてしまい仕事柄腕を使う仕事で肘が痛むという患者さまをご紹介したいと思います。

昔から慢性的な腰の痛みがありここ何年か前くらいから一年に何度か軽いぎっくり腰をしていました。しかし、今回のぎっくり腰はいつもと違い痛みが強すぎて最初立ち上がることもままならいくら位で歩くのも一苦労でした。次の日も仕事がありこのままでは行けない!と思いこちらで診てもらう事にしました。まず骨盤の状態を診ていただき歪みがあると言われました。そこから筋肉が固まり腰の痛みがにつながっていることがわかり、説明が非常にわかりやすかったです。歩くだとか椅子から起き上がるときに骨にひびく痛みがあったのですが一回の治療で椅子から立つときの骨にひびく痛みがなくなりました。いろいろなところで治療を受けましたが一回でここまで変わったのは初めてかもしれないと思うくらいの驚きでした。                       そして仕事柄腕を使う仕事をしていてこれも仕事での疲労で筋肉が固まり痛みがでてると言われました。正直治療自体痛みがありますがちゃくちゃくと肘の方も良くなっているのでこのまま通わせていただこうと思っています。

仕事はお風呂場のタイルの修理や詰め替えなどを行っていてしゃがんだ作業や前のめりの姿勢で仕事をしています。前のめりの姿勢やしゃがんだ姿勢での仕事を繰り返し行うことにより疲労が溜まり筋肉が硬くなってきり痛みへと変わっていきます。        この方は仕事柄の事もあり腰痛は昔からありこの痛みとは一生向き合わないとだめなのかもしれない。と言っていました。そういった患者様多く見られます。しかし、そんなことは無くしっかり根本的に治療をしていけば治るものは治ります。                            日常生活(仕事)で疲労が蓄積され筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みへと変わっていきます。筋肉が硬くなることにより骨格の歪みがでてきます。                               春風堂接骨院(整骨院)の治療では硬くなった筋肉に柔軟性を与え筋肉が硬くなることによる骨格的歪みを矯正していきます。最初にも話しましたがこの時期は天候の変化による気圧・気温の違いにより腰の痛み・肩の痛みやシビレがでてきます。少しでも気になる症状やどこへ行っても治らなかった痛みなどある方、何事にも早めの対象が必要です。一度当院へご連絡下さい。

腰の痛みについて

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之