産後の腰痛 

2017.06.28 | Category: 産後の骨盤矯正,腰痛

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の向です。

ついに梅雨の感じが出てきましたね。

雨も降ってジメジメしており空気が重く、嫌な感じが強くなってきました。

雨が降り続くと気持ちも落ち込みがちになりますが負けずに行きましょう!

では、今回は産後骨盤矯正で来院されている患者さまの紹介をしていきたいと思います。

 

産後の腰痛も長年の脚の悩みも楽に

産後腰がバラバラになりそうなほど痛みがあったので、かねてから気になっていたこちらの院を行きました。

初回の施術はかなり痛みがありましたが、施術後はまだ一度目にもかかわらず、腰の痛みが和らいでいてびっくり。施術中の痛みは数回通ううちにあまり感じなくなり、あれだけ辛かった産後の腰痛も気にならなくなっていました。また、元々脚に昔の手術の後遺症があり、歩きづらさを感じていたのですが、それにも改善が見られ歩くのがとても楽になったのも嬉しいです。

子供を連れて通うのが最初は不安でしたが、スタッフの皆さんが温かく対応してくださって、施術中に泣いてしまっても面倒を見ていてくれるので助かっています。それでも泣いてしまうと申し訳なく感じてしまうものですが、他にも子連れで通っていらっしゃるお母さんも多いようで、他のお客さんが子供がいることに慣れているような感じなのでありがたいです。

料金についても初回にきちんと説明があります。

回数券を購入するようになりますが、早めに治って回数が余っても、その後メンテナンスで使えるので15回券の購入を個人的にはオススメします。
産後の骨盤ケアが落ち着いたので、このままメンテナンスをしつつ、通常の上半身のケアでもお世話になるつもりです。

 

この方は出産されてから一ヶ月半たってから来院されました。

産後骨盤矯正の適正の時期は一か月半~一年と言われてます。

最初の一か月半の間は安静が大事です。

これば出産する際に全身の筋肉を過度に使用する事で疲労がたまるのと骨盤の周りの筋肉が深く傷ついてしまうために一か月半は安静にして身体の状態を整えるために必要な期間です。

ただ、この患者さまは一ヶ月半後に身体の痛みが強くでてしまっています。

安静にしている際には身体の痛みはさほど強くは出すぎるものではありません。

ですが、安静後に人によってはこのように強く痛みがでる人がよくいらっしゃいます。

産後の腰痛などの痛みの原因は出産後に開いた骨盤の歪みと筋肉の硬さによるものです。

出産では骨盤が開くなど特徴的な歪みも出やすく、先程出た出産時の筋肉の疲労が影響しています。

また、筋肉の疲労だけではなく筋力の問題もここでは関わってきます。

女性は妊娠が発覚してからは運動を控えて入院し、出産後一か月半安静にしている時期があります。

この間に筋肉を使わない時間が増えていってしまうと、どんどん筋肉は減っていってしまいます。

また、妊娠中は複式呼吸ができず胸式呼吸になってしまいます。

そうなると横隔膜なども使えにくくなりインナーマッスルも減っていきます。

これらのように筋肉が減っていった後に動きだしてから徐々に戻っていくのですが、この際に無理に動いてしまうと筋力がない分頑張ってしまい余計に硬くなってしまい痛みが出てしまいます。

この患者さまの場合はこの出産後の疲労と無理に動いた分が重なってひどく痛みが出てしまったのです。

一度硬くなった筋肉は自分の治癒力では戻ることはなかなか出来ません。

硬くなった筋肉はさらに骨格を歪める原因にもなっていきます。

その為に産後の骨盤矯正は必要なのです。

それに、元々この方は手術の後遺症での筋の硬さも相まって筋は硬くなりやすかったのです。

骨格と筋肉の硬さをしっかり取っていくだけで痛みは取れ、疲れにくく痛みが出ない身体を作っていけます。

 

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之