Blog記事一覧 > 未分類 > 交通事故によるむちうち・腰痛

交通事故によるむちうち・腰痛

2017.06.21 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院 スタッフ 榎戸です。

梅雨に入ってから数日が経ちましたが東京は梅雨の雨らしいものはまだ降っていませんね。

ただこの時期は気温や気圧、湿度もかなり変化してきて体の不調や違和感が出てきやすくなっています。

寒さ対策などしっかりして体調管理はしっかりしてくださいね。

 

 

さて今回も交通事故によるケガです。

この梅雨時期、交通事故が増えていきます。

それは夕方、明るい時間帯が長くなってきているのでライトをつけるか付けないかの時間帯が

交通事故に遭ってしまう危険が一番高いです。

このうす暗い時間帯は視界が悪くなり、雨も重なるとワイパーを使用することで

より視界が遮られてしまいます。

そして雨が車や地面を打ち付ける音でほかの車やバイクのエンジン音が聞こえにくくなるので

後方や側方から来る車両に気づかず衝突してしまうのがほとんどです。

車両や人の飛び出しに気づいても路面が濡れているために

ブレーキをかけてもスピードが落ちなくて危ない思いをしてしまいます。

 

交通事故で損傷しやすい部位が首・腰・背中です。

交通事故での首の損傷はむちうち(頸部捻挫)になります。

むちうちとは首に大きな力が加わってS字に曲がってしまって鞭をうたれたような形に

一瞬なるためむちうちと言われています。

このむちうちは事故直後、首に痛みが無くても次第に症状が出て痛みというのが出てきます。

そして痛みを我慢して治療など何もしないと頭痛・めまい・吐き気・耳鳴りなどに発展していきます。

そのためむちうちは軽度のものであっても症状が悪化して治りにくいものになってしまいます。

 

そして腰も交通事故で痛めやすい部位になります。

腰は衝突で座席のシートに打ち付けてしまうか

シートベルトで腰を押さえつけられて損傷してしまうかになります。

腰は損傷してしまうと日常生活に大きく支障が出てきます。

立っているとき階段の上り下り、座っているときなどいずれも腰が関係してきます。

交通事故に関係なく腰の痛みは慢性化して骨盤が歪んでいき

動きが悪くなり痛みが強くなっていってしまいます。

 

交通事故でこのようにむちうちや腰痛が出ていなく何ともないと思っても

1ヶ月ぐらいは色々な症状が出始めます。

この間にしっかり治療をしていれば出てくる症状は最小限にとどめることが出来ます。

それに早期に治療を開始すると治りも早くなり、

症状が落ち着くまでの期間がかなり変わっていきます。

もし交通事故に遭われてしまったらすぐ当院に来てください。

当院では整形外科の先生との提携もしていますし

保険会社との対応で分からないことがあれば相談してください。

事故に遭われてどうすればいいか分からなくなってしまったら

まず春風堂接骨院に身体の状態を診せてください。

それからその後の対応や整形外科の受診を提案させていただきます。

 

これからの季節、お車を運転される際は気をつけて運転してください。

 

むち打ちについて

交通事故について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院) 

TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之