Blog記事一覧 > 神経,骨盤矯正 > 骨盤の歪みで出てくる痛み・神経症状

骨盤の歪みで出てくる痛み・神経症状

2017.05.26 | Category: 神経,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整骨院)スタッフ 榎戸です。

まだ5月なのに暑くて猛暑日を記録する日が出てきているので大変ですね。

ただ夏とは違い朝、晩は冷え込むので昼との気温差が大きく

身体に負担がかかります。

この時期はこの気温差で寝違えや体の痛み、違和感につながっていきます。

暑さ対策は大変だと思いますが体調を崩さないように気を付けてください。

 

 

今回はモートン病と診断された患者様の話です。

こちらの接骨院に来る前、他の病院で診察を受けモートン病と言われました。

その後、病院ではあまり治療法もなく、このままでは状態がどんどんと悪くなってしまうのでは・・・

と毎日考えていたところ、こちらの接骨院を見つけ電話をしました。

最初に電話した時に、とても親切に親身に対応してくれて好印象でした。

その日に診察してもらえて自分に合った治療法を考えてくれて

説明も丁寧にして頂き、今、通っています。

病院内も清潔で気持ちよく施術出来ます。

最初はどんな感じだろう?また、いつもの病院と同じ治療では?と思ってました。

でも、根本的に治療していきましょう。

という先生の言葉を信じて通い始めています。

 

この方はモートン病と診断され治療をしても改善が見られなく

春風堂接骨院(整骨院)に電話をしてくださいました。

そもそもモートン病とは何なのかと言いますと

40代女性に多く足の指の付け根あたりにしびれが出てくる症状で

ハイヒールを常用している方やつま先立ちを長時間している方に多く発症します。

このハイヒールやつま先立ちでもって足の指に向かっていく神経が圧迫されて

痛みや痺れが出てきます。状態がひどくなると感覚が無くなったりします。

 

こうなってしまう原因の一つに骨盤の歪みがあります。

ヒールによって重心が変わり、本来であれば使わない筋肉が使われることにより

筋肉や骨盤に負担がかかります。

この状態を長年継続することによって徐々に筋肉が硬くなっていき

骨盤の歪みが出現してきます。

この骨盤は土台になる骨です。

この土台が崩れてしまっていると骨盤の上にくっついている背骨も歪んできて

上半身に影響が出てきてしまうのもそうですし、

股関節や膝にまで影響を及ぼします。

骨盤が歪んでしまっていると重心が中心に位置しなくなってしまい

片方に体重をかけやすくなるのと、足を組んでしまうといった悪循環につながります。

 

この方の場合は高さのあるブーツの常用によって足先の神経が圧迫され

痺れが出てきてしまっているのと

骨盤の歪みでもって腰の痛み、足にかかる体重が偏ってしまっているので

骨盤をいい状態に持っていき、腰・お尻の筋肉をほぐして疲れにくい身体

重心がぶれない身体にしていくために治療を頑張って頂いています。

 

骨盤の歪みでもって痺れや腰の痛みはもちろん

足の指先のしびれや変形性膝関節症なども引き起ってきます。

もし自分自身が腰など痛いとか知り合いの方でどこか痛みを持っている方がいましたら

ぜひ春風堂接骨院(整骨院)へお越しください。

 

 

腰痛について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之