Blog記事一覧 > 未分類 > 椎間板ヘルニアの診断だけが腰痛の原因ではありません。春風堂接骨院(整骨院)

椎間板ヘルニアの診断だけが腰痛の原因ではありません。春風堂接骨院(整骨院)

2017.03.27 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

今月は暑くなったり寒くなったりの繰り返しで身体に不調がでてる方がおおいのではないでしょうか。気候の変化により普段は感じられない腰の痛み・肩の痛み・頭痛や耳鳴りなどの症状出てくる方多いと思います。                                               そのような変化が少しでもありましたら我慢するのではなくすぐに治療に行きましょう!!

今回は椎間板ヘルニアと言われ坐骨神経痛が出ている患者様をご紹介いたします。                                      昔から腰の痛みがあり、最近になりふくらはぎが痛みとしびれが感じ最初は整形外科へ行きました。レントゲンを撮ってもらい椎間板ヘルニアと言われました。治療としては薬だけ渡されていたのでそれだけでは不安になり,エキテンの口コミを見て初回の施術を受けてみて初回だけで痛みがだいぶ軽減されたので春風堂さんに通うことにしました私自身は10回の回数券を購入して一週間に一回通っています。
今は四回目でまだ波はありますが、しびれはなくなり腰が気にならなくなるほどになってきました。
何で痛みが出てたのかどういう姿勢が悪いのかなど的確な説明でこの痛みやしびれが椎間板ヘルニアだけが原因ではないと言う事に驚きでした。身体のケアも大切と言う事だったので当分通院したいと思います。

この方は大学生で芸術学部に入っており、座って作業することや中腰になって作業することが多いそうでまずは腰に激痛が走りそのあとにおしりからふくらはぎにかけて痺れが強く出てびっこを引くようになり、最初は整形外科に行き腰椎の椎間板ヘルニアと言われ電気治療と痛み止めの薬を貰っていたが、薬だけを飲む毎日で痛み自体は取れず怖くなってきたので当院へ来院されました。ずっと座っていたり、中腰の姿勢を繰り返していると筋肉が硬くなり蓄積されその中にある神経・血管が圧迫され腰の痛みやシビレ(坐骨神経痛)などが現れます。このように筋肉が固まってくると骨盤の歪みにもつながってきます。歪みが出てくると足の長さなども変わってきて日常生活にて歩いたりしたときなどに負荷のかかる度合いが足の左右で変わってきます。左右で負荷のかかり方が変わってくるとどちらかに負荷がかかりすぎ、どちらかの足や腰の筋肉が固まりしびれが出たり痛みが出てきます。骨盤の歪みをとり正しい位置に戻すことによって左右負荷の掛け方が同じになり筋肉も硬かったのが柔らかくなり痛みが減少してきます。                                                    春風堂接骨院(整骨院)の治療では、骨盤の歪みを正しい位置に戻すことに加え筋肉が固まっているのをほぐし柔らかい筋肉にしてあげ筋肉へのアプローチも行っています。                                        ほかの治療院で治らなかった身体の痛み・レントゲンでは異常がなかった身体の痛みなどありましたら当院へご連絡下さい!!

ぎっくり腰について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之