Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛 ヘルニア 保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

腰痛 ヘルニア 保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

2017.02.10 | Category: 未分類

こんにちは。

春風堂接骨院スタッフ 榎戸です。

昨日は久々に雪が降り寒かったですね。

気温が低いと筋肉が硬くなってしまうので痛みが出てきた人

違和感があった人などいろいろだと思います。

そして当院の患者さんでもインフルエンザにかかってしまったという方がいますので

体調管理・乾燥には気を付けて下さい。

 

 

さて今回は腰の痛みです。

ギックリ腰の痛みで1週間ほど整形外科に通っていました。

しかし痛み止めの注射だけで痛みをごまかす日々。

そこに以前から通っていたものの「加齢からくる椎間板です」と言われ、

この状態を諦めていました。

ただあまりに酷い痛みで歩けなくなり、ネットで調べこちらにたどり着きました。

先生はしっかりと話を聞いてくれて、説明も明快でした。

そして、治療もびっくりする程の効果が!!

寝返り出来なかった私が通う中で状態がみるみる良くなりました。

まだ骨盤の調整中ではありますが、根本治療をしてもらうことで、

今だけでなく、これからの生活に不安がなくなりました。

 

この方が引き起こってしまった『ぎっくり腰』というのは

実はお尻の筋肉の硬さ骨盤の歪みでもって出てきてしまっているものです。

日常生活や仕事などでお尻の筋肉にたまっていった疲労でもって

硬くなっていき、重い物を持ち上げた時に痛めたなど

ちょっとしたきっかけで出てきてしまうのが『ぎっくり腰』です。

だから整形外科の先生が言っていた加齢からくるものではなく

日常生活などからくる疲労や歪みなので治療や矯正をすると良くなっていきます。

 

そして今週からコアレという新しい治療器が導入され、

使っていただいた皆様に好評をいただいている電気があります。

このコアレという治療器は高周波という電気で表面からは触ることのできない

奥深層の筋肉に直接届く電気です。

この電気の特徴としては

皮膚抵抗がなく痛みを感じない

皮下15㎝まで届き深層の筋肉を捉えることができる

そして30分間電気をかけているだけで14000回の筋肉運動がおこります。

そのため普段の運動では鍛えることのできない深層の筋肉に

アプローチをかけて深層の筋肉を目覚めさせます。

こういう筋肉は意識して鍛えていないと20歳がピークで年々落ちてくると言われています。

そのため姿勢が悪くなり骨盤の歪みや猫背といった状態になってきます。

歪み・猫背が出てくると腰痛や首の痛みといった状態になり疲れやすく

日常生活に支障をきたしてしまいます。

そうならないためにも治療+矯正+治療をしっかり行っていき

痛みのない疲れにくい身体を目指していただきたいと思います。

 

 

腰痛について

ぎっくり腰について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之