Blog記事一覧 > 産後の骨盤矯正 > 産後骨盤矯正 とこちゃんベルト 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

産後骨盤矯正 とこちゃんベルト 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

2017.02.09 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院 向です 。

今回は産後骨盤矯正で来られた患者さまの紹介をしていきたいと思います。

今回の患者さまの主訴は腰~お尻・特に左側の足にかけて痛みがあり、また背中・肩にコリがあるとのことでした。

また気になるのが骨盤の歪み・骨盤の開き・下腹がでていることが気になるとのことです。

これらの原因は産後、出産による骨盤の歪みがでてしまったためです。

骨盤の歪みがあると左右のバランスが崩れることで、どちらかに負担がかかるようになり痛みが偏ってしまうといった症状がでてしまうのです。

産後の骨盤の歪みは少し特別で通常骨盤というのは開くことはないのですが、出産時には例外で開きます。

出産というのはホルモンの影響で骨盤の恥骨結合という場所が開き、そこからお子さんが誕生するといったのが出産という流れです。

で、この時に骨盤が開いた後に骨盤がもとの位置に戻っていってくれればいいのですが、なかなか元の位置に戻ってくれることはなかなかありません。

実際にこの方も骨盤が開いたままの状態でした。

骨盤が開いたままの状態になるとどうなるかというと、骨盤の中には内臓が入っています。

骨盤が開いたままでいると、この中に入っている内臓が落ちてくる形で元の位置からずれてしまい通常より負担がかかり消化吸収が落ち代謝自体が下がってきます。

こうなってくると、産後に太りやすく痩せにくいといった原因はここのところにあるのです。

骨盤の開きを整えることで骨盤内での内臓の位置が正常の位置にもどり、消化吸収が歪んでいた時と比べて通常通りになり太りやすい瘦せにくいといった体質改善につながっていきます。

この骨盤の開きでよく患者さまとお話しにでるのが骨盤の矯正ベルトはいいのか?といった話なのですが、正直産後骨盤矯正ベルトはあまりよろしくはありません。

なぜかというと、産後骨盤矯正ベルトは横から締める形で開きを整えてくれるのですがこれは開いただけの骨盤の歪みなら効果は出ます。

ですが、なかなか開いただけの歪みというのはありません。

この方のように足の長さが違って左右差がでてたり、骨盤が前傾・後傾やねじれなどが出ている場合が多々あります。

このように開きだけではなく様々な歪みが出ているので、横から締める形だけの骨盤ベルトだと意味がないのです。

だからこそ人の手によって患者さまの身体の歪みに合わせて整えることが大事なのです。

 

産後骨盤矯正についてなにか心配なこと、ご不明な点等ございましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之