Blog記事一覧 > 未分類 > 五十肩・脊柱管狭窄症 西東京市 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

五十肩・脊柱管狭窄症 西東京市 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)

2017.01.20 | Category: 未分類

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)の石川です。

ここ最近はぐんと寒くなり、雪の予報もでてきて本格的な寒さが来ています。

現在の高校三年生は人生を左右させる大学受験・センター試験があると思います。寒さに負けずインフルエンザにも負けず

志望校に合格すること良い方向へ進むことを祈っています。

そうでない方たちもインフルエンザにかからないよう身体には気をつけ日ごろから手洗いうがいを心がけましょう!!

今回は3年前から慢性的な五十肩があり、整形外科にて脊柱管狭窄症と診断された患者様をご紹介します。

一言で言うのであれば、治療効果が高く治療期間が短いです。
3年間続いている慢性的な50肩が約5回の治療でほとんどの痛みがとれました。もう少し通えば50肩は完治の予感がします。
整形外科には、何年間も通い改善が見られなかったが、春風堂接骨院に通うようになり驚くほどの改善でした。治療は筋肉が固まっているのを筋膜リリースで筋肉に柔らかさを作っているようです。治療自体ものすごく痛いですが痛い効果有ります、何年も前から慢性的なものは法律的に保険診療ができなかったため実費診療にしました。もし私と同じように慢性的なものでどこにいっても治らないという方がいらっしゃいましたら一度体験されたらいいと思います。
整形外科では脊柱管狭窄症で足先のしびれ(坐骨神経痛)と診断されたのでそれも見てもらおうと思います。 
                                                    この方は長年五十肩・脊柱管狭窄症・坐骨神経痛(しびれ)に悩まされ整形外科に行き温罨法・冷罨法・マッサージなどをしたが良くならず当院へ来院されました。五十肩は様々な原因があります。肩を動かさな過ぎて肩周り肩甲骨周りの筋肉が固まり痛みが出る場合・肩、肩甲骨を動かしすぎて筋肉が固まり痛みがでる場合があります。筋肉が固まってくると背骨にある胸椎と言われる部分に歪みが出てきて猫背になってきます。猫背になってくると首がストレートネックになり肩や首が凝ってきてしまいます。そのようなものもからも五十肩のような症状も出てきます。

この方は整形外科にて脊柱管狭窄症とも診断されたそうでシビレも出ています。脊柱管狭窄症でもシビレはでるものはあると思います。しかし、それだけが主とする原因ではなくこの方の場合ダンスをやっていて疲労が蓄積され筋肉が固まってきます。筋肉が固まるとその中にある神経や筋肉が圧迫され痛みやシビレに変わってくるものもあります。このような症状も上半身と同じで骨格的な歪みが出てきます。骨格的な歪みからも骨と骨の間にある神経や血管が圧迫され痛みやシビレへと変わっていきます。                                              春風堂接骨院(整体院)の治療では筋肉の固さをとる筋肉へのアプローチ+骨格の歪みをとる矯正をやり、正しい姿勢を維持し今後疲れにくい体作りを目標に治療をにやっていただいています。                       何かわからないことがありましたら当院へご連絡下さい!!

五十肩について                                                     ・腰痛について                                                    西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院(整骨院)TEL042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之