Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛治療体験談:『ほぼ痛みが無くなり普通の生活ができるようになりました』

腰痛治療体験談:『ほぼ痛みが無くなり普通の生活ができるようになりました』

2016.03.26 | Category: 未分類

こんにちは、西東京市下保谷春風堂接骨院の砂守です。

今日は朝出勤してくるときは寒く、院内も暖房をつけていましたが

お昼からは太陽も出てきてむしろ暑いくらいです。

来週からは、だいぶ暖かくなってくるみたいですね!

ようやく春の涼しさを感じれるようになるかと思います。

 

さて本日は、1月に突然の腰痛で来院されたTさんからお声を頂いたので

ご紹介したいと思います。

IMG_4508

『日頃のデスクワークの影響か腰痛を発症してしまい、痛みに耐えられなくなり

春風堂接骨院で治療を受けることにしました。

院長の大熊先生に診察して頂き、画像を交え解りやすい説明で身体のバランスが

良くないことで痛みを発症していることが理解できました。

診察を受けたその日からマッサージを受け、日に日に良くなる実感があり、

週2回のペースで5回目のマッサージを受けて、ほぼ痛みが無くなり普通の生活が

できるようになりました。

思っていた以上に早い完治となり、院長の適切な診断にとても感謝しています。

スッタフの方々も親切丁寧で、心地良い接骨院でした。』

 

近年、パソコンの普及により長時間座りっぱなしでパソコンをうつことが仕事になっている方が

多く、いわゆるデスクワークからくる腰痛・肩痛・首痛に悩まされている方が沢山います。

Tさんも、職業はシステムエンジニアで、長時間のデスクワークが引き金となり腰痛を起こしてしまいました。

以前もブログの中でお伝えしましたが・・・

例えば・・・体重70㎏の場合

 ①寝ている様態で→腰椎椎間板に約25㎏/cm²の圧力

 ②立っている状態で→  〃   約70㎏/cm²の圧力

③椅子に座った状態で→  〃   約100㎏/cm²の圧力

実は・・・

腰椎椎間板(いわゆる腰の骨と骨の間にあるクッションのようなもの)にかかる負担というのは

座っている時に一番大きく、

デスクワークや長距離運転など、長時間座ったままの状態を強いられる職業の人に多く発生する

理由の一つなのです。

日常の生活というのは、寝ている以外は立っているか座っているかのいずれかで、常に上記の

圧力がかかり続けていることになります。

つまり、この圧力がかかることは避けられない事実であり、大切なことは、この圧力がかかっても

しっかり支えることのできる骨格と筋肉の柔軟性が大事な要素となってくるわけです。

人間の身体の脊柱は本来、きれいなS字湾曲を描くことで、あらゆる荷重を効率的に分散させる能力を

もっています。

しかし、日常生活の中で、同じ姿勢の繰り返しや同じ動作の繰り返しによって筋肉の緊張が高まり

その生理的湾曲(S字)も失われてしまいます。

骨格が歪むことで、内臓も正しき位置に納まれず、筋肉が硬くなることで循環も悪くなってしまいます。

骨格を正し、筋肉の緊張をとるということは、単に痛みの除去だけにとどまらず、本来の健康な身体に

近づけるという重要な意味をもっています。

長時間のデスクワークや立ち仕事で調子が悪い方

腰痛・肩痛・首痛に悩まされている方

是非一度春風堂接骨院へご相談下さい。

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

腰痛に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之