Blog記事一覧 > 股関節の痛み > 股関節痛の治療体験談:東京都練馬区西大泉在住のHさん

股関節痛の治療体験談:東京都練馬区西大泉在住のHさん

2016.02.17 | Category: 股関節の痛み

こんにちは、西東京市下保谷にある春風堂接骨院の砂守です。

先週末は半袖でも過ごせるぐらい暖かったのですが、また今週に入り肌寒く風の強い日が続いています。

少しずつ春に向かっている感じはありますが、同時にこの時期は寒暖の差が激しくなる時期でもあります。

寒暖の差というのは人間の身体にとって大きなダメージとなることがあります。

当接骨院にも今週に入ってから、この寒暖の差が一原因になってるであろう腰痛・肩痛・膝痛など

様々な症状を訴える患者さんが多く来院しています。

ここ最近、身体の調子がおかしいなぁと感じることはないでしょうか?

痛みに及ばなくとも違和感・不快感さまざまな形で身体はサインを出してきます。

どんな症状でも構いません。気になる方は是非一度春風堂接骨院へご相談下さい。

 

さて、本日は患者様からの喜ばしい声をお伝えしたいと思います。

ご紹介するのは、以前(7月7日)にも『患者様の声』でご紹介しましたHさんです。

【以前のHさんの記事】

春山さん写真

『8年ほど前、旅行中に突然足が痛くなり歩けなくなりました。

帰宅後、整形外科に行き、レントゲンを撮ったのですが

痛くなるような所見は無いとのことでした。

それから6年が過ぎ、2013年の1月に、また痛くなり

整形外科を受診。変形性股関節症との診断。

6年の間で凄く悪くなっているので、6年後には手術が必要になる

かもと言われ諦めていました。

1週間前から股関節の施術をしていただいてますが、少しずつ

楽になってきています。』

Hさんは昨年7月から股関節の治療に通われています。

週2~3回のペースで治療を続け、だいぶ調子も良くなってはいましたが・・・

長時間歩くとやはり調子が崩れるということと、周りから歩き方の指摘を受けるとのことから

ご自身で骨盤矯正を希望され、今年から週2~3回の通院ペースは崩さず、そのうちの1回

骨盤矯正をされています。

そのHさんから・・・

『今まで階段を上がる時には、必ず手すりをつかんでいたのが、つかまなくても大丈夫になりました』

『この間、急いで横断歩道をわたる際、気が付いたら走っていました。』

このような声が聞かれました。

Hさんは骨盤矯正を始めてまだ2ヶ月足らずですが、確実に良くなっているのをご自身も実感できているようです。

 

前回もお伝えしましたが・・・

当接骨院では、骨格的な面と筋肉的な面の両方からアプローチする治療を行っています。

骨格的な歪みを整え、かつ筋肉の柔軟性を持たせることが出来れば、人間の本来持っている治癒力も

働きやすい環境が整います。

環境が整えば、いい状態を長く持続させることも可能になってきます。

◆何もしなくても痛い

◆ジョギングをすると痛い

◆立ち上がる時、しゃがみこむ時に痛い

◆座ってても痛い

◆普段の生活で痛い

◆立っている時や、長く歩くと痛い

↑これは、昨日・今日で当接骨院に腰痛または股関節痛を訴え新患で来られた方々の問診時の声です。

このように、日常に痛みがあるのが当たり前になってたりしませんか?

このような症状が出てからでは治療にも時間がかかってしまいます。

ご自身の身体の変化にいち早く気づき、対処するよう心がけましょう。

気になる方は是非一度春風堂接骨院までお問い合わせ下さい。

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

腰痛に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之