Blog記事一覧 > 骨格骨盤矯正 > 腰痛・坐骨神経痛の患者様の治療

腰痛・坐骨神経痛の患者様の治療

2016.02.20 | Category: 骨格骨盤矯正

こんにちは。

西東京市下保谷 春風堂接骨院 スタッフ榎戸です。

日曜は春一番の陽気で夏日に近かったですが

翌日はかなり寒く気温差が10度以上あったので体には大きな影響を受けます。

そのために痛みが出てきたり、だるさが生じたりするので体調管理は気を付けてください。

 

 

今回は腰痛、坐骨神経痛で通っている患者さんの治療を書きます。

この方は治療当初(2年半前)、股関節と膝が曲がらずコンパスのような歩き方をされていて

少しの段差も躓いてしまうような状態で

階段を下りることが出来ないといったところまで悪くなっていました。

こちらに治療来るまでは整形外科に行ってストレッチなど週に2回ほど行っていたけれど

良くならずこちらに来て治療始めました。

治療当初は腰、お尻、太もも、ふくらはぎと下半身全体的に筋肉の緊張があり

硬さがかなりありました。

そして筋肉の緊張が強いがために骨盤自体がずれて右足が短く見えていました。

それでも昨年の11月までは週2回のバレーボールと年に4回は釣りに行くほど元気でした。

こちらの接骨院に来てから2年ちょっとは治療やりながらもバレーボールなどで運動していたため

状態は少しずつ良くなってきてはいたのですが運動の影響でまた悪くなってしまうという繰り返しでした。

ですが1年が過ぎたころから歩き方が変わってきていて膝がしっかりと曲がるようになり、

少しの段差なら躓かなくても平気になりました。

しかしずっと無理をしていたせいか昨年の12月上旬にあったバレーボールの大会で

歩けないほど腰を痛めてしまいました。

この時を境に治療に専念して状態が良くなってからバレーボールに復帰すると

おっしゃっていました。

それから1週間が過ぎて筋肉の状態が少しずつよくなってきたところで

こちらのメニューにあります骨盤矯正を週2回で開始して

足の長さが最大で5㎝ほど左右で差がありましたけど、始めてから2カ月で左右の差というのが

ほとんどなくなりました。

2か月で状態が良くなるのはしっかり筋肉的な治療と矯正を間をあけずにやって頂いたからです。

矯正を週1回だとしたらここまで早く状態は上がってこなかったでしょう。

反対に矯正をしっかりやっているけど筋肉的な治療をおろそかにしていても

だめだったと思います。

しっかり両方からアプローチをかけることによって

状態のベースだったり土台がしっかりしてきて、いい状態が続くようになって

最近では階段を下りることがスムーズになり、痛みを感じないところまで良くなってきました。

 

状態悪くなってから時間がかなり経ってからの治療だったので

良くなるまで期間がかかってしまいましたけど

悪くなってすぐに来ていただけるとここまで時間かからないですから

痛みを感じたらすぐに春風堂接骨院へいらっしゃってください。

 

 

骨盤・骨格矯正のことは任せてください。

腰痛に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之