Blog記事一覧 > 交通事故 > 交通事故で受けたケガ(頸部捻挫、打撲、捻挫、骨折や脱臼の後療など)の治療 西東京市 下保谷 春風堂接骨院

交通事故で受けたケガ(頸部捻挫、打撲、捻挫、骨折や脱臼の後療など)の治療 西東京市 下保谷 春風堂接骨院

2015.12.22 | Category: 交通事故

こんにちは。

西東京市下保谷にある春風堂接骨院の榎戸です。

本日は冬至で一年で最も日が短い日ですね。

これからは日照時間が長くなってきますけど、

年末にかけて自動車やバイク、自転車の事故が増えてきます。

皆様も外出される際は、周りに注意して出歩かれることをお勧めいたします。

交通事故は、こちらが安全運転をしていても加害者側の不注意などにより

事故を貰う可能性が高いので常に注意をしておかなければなりません。

 

 

でも、もし交通事故に遭遇してしまったら、、、





①交通事故後の治療は整骨院・接骨院での治療が可能です。

前からもお伝えしている通り、交通事故で受けたケガ(ムチウチ、打撲、捻挫、骨折や脱臼の後療など)の治療は整骨院・接骨院での治療が可能です。

『整形外科に行ったけど良くならない、薬など貰うだけでなにもしてくれない!!』

といった方も多くいらっしゃるので、そういった方は整骨院・接骨院での交通事故治療がお勧めです。

ムチ打ちや腰痛などの痛みはどうしても薬や電気だけだと良くならないことが多いのですし、

実際、レントゲン、MRIで異常がなくても色々な症状がでます。それにはその症状に

合った治療がありますので、是非ご相談下さい。

また忙しくて病院にもなかなか通えていないといったことで悪い状態が長く続いていると

、治りも悪くなってしまいますので、早い段階でのしっかりした治療が必要になります。

整骨院・接骨院での治療の場合は比較的遅い時間まで受付している事がありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

②交通事故後の治療費は無料です。(自賠責保険での治療になるので、実質0円)

通常の健康保険証を使っての治療とは異なり、自賠責保険を使っての治療となりますので被害者様が負担する心配はいりません。

自賠責保険での補償額は一人120万円までが支払いの対象となりますので、補償可能な期間はしっかりと通院して利用しておくことがお勧めです。

 

③『整骨院・接骨院には行くな。。。と言われた。』

整骨院・接骨院で治療を受けることは被害者側の自由ですので、あまり気にせずご相談ください。

本来、どこで治療を受けるかは本人の自由ですの。他人が決めることは出来ません。

もし、そう言われた場合はハッキリ接骨院に通いたいと言っていただいて結構です。

もし、自分で言いにくかったりしたら一度、当院にご相談ください。

交通事故専門のスタッフが代わりに対応いたしますので、被害者様の負担も軽減することが出来ると思います。

 

④月に1回程度は、病院で診察を受けて下さい。

普段は整骨院・接骨院での治療で構いませんが、月に1回程度は病院で診察を受けてください。

もし、病院にあまりに行かなさすぎると突然、保険会社から補償を打ち切られる可能性がある為です。

それともう一つ、もし、万が一痛みや障害が残ってしまった場合に後遺障害認定の申請が出来なくなる場合がある為です。

普段は接骨院で治療していただき、継続的に最低でも月に1回程度は病院で医師に診てもらうことをお勧めいたします。

基本的に当院では提携している整形外科が何院かありますのでそちらで診断していただくことをお願いしています。

 

⑤通院・治療できる期間には限りがあるので、なるべく集中して通院・治療をする。

交通事故後の治療で整骨院・接骨院での治療はいつまで使えるの?いつまで通えるの?

といった質問も多く寄せられます。

お答えするとしたら、被害者の方には酷かもしれませんが、、、限りがございます。

痛みが存在する間はずっと通えるんじゃないの? と思われるかもしれませんが限度があります。

だから、通える期間は集中して治療に専念してください。

先ほどもお話ししたとおり他の病院、整骨院で治療していて転院されてきた方で時間が

経っている方は治りが遅い傾向があります。

また後に後悔しない為にも、集中して治療してしまう事をお勧めいたします。

 

 

当院では交通事故治療も専門に行っております。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院

☎:042-421-5213

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之