Blog記事一覧 > 未分類 > 『腰痛・肩痛・膝痛etc・・・の根本的な原因を知る』西東京市 下保谷 春風堂接骨院

『腰痛・肩痛・膝痛etc・・・の根本的な原因を知る』西東京市 下保谷 春風堂接骨院

2015.10.27 | Category: 未分類

こんにちは。

西東京市下保谷にある春風堂接骨院の砂守です。

まだ10月というのに、もうすでに私の地元「奄美」の真冬を思わせる寒さに少し怯えています。

ここ2~3日一気に冷えてきたことで、眠っていたもしくは治まっていた症状が目を覚まし来院される方も少なくありません。

腰痛・肩痛・膝痛etc・・・でお悩みの方いっらしゃいませんか!?

ここで一つ今日は大切なことをお伝えしておきます。

『ふくらはぎは第2の心臓』

なんてことは皆さんよく耳にしたことがあるかと思います。

今日皆さんにお伝えしたいのは、このふくらはぎが血液やリンパの流れをスムーズにするためのポンプとしての機能

を担っているということです。

心臓には新鮮な酸素を多く含んだ血液を、体の隅々まで送り出す役割があります。

しかし、血液を隅々まで行き渡らせることは出来ても、それを再び心臓まで戻すほどの力はありません。

つまり、心臓と同じポンプ機能としての役割を担い、かつ血液だけでなくリンパ液も押し戻す力を持っているのが

ふくらはぎです。

このポンプ機能がしっかり働くためには、ふくらはぎの柔軟性(柔らかさ)が大事になってくるわけです。

もしもこのふくらはぎが硬くなってしまうと、ポンプ機能は低下し、やがて筋肉の間を通る血管やリンパ管も圧迫を受け

循環機能そのものが低下し『冷え』『むくみ』の原因にもなります。

これでふくらはぎが第2の心臓と呼ばれる所以が分かるかと思います。

血液の循環というのは、人間が生きていく上で最も重要なもので、この循環機能が低下すると体のあらゆるところに不具合が

生じてきます。

筋肉で考えると、循環がうまくいっていない筋肉はどんどん硬くなってしまいます。

筋肉が硬くなってしまうと、その筋肉のつく骨は筋肉が収縮する度に必要以上に引っ張られてしまいます。

そうするとそこには歪みが生じてきます。

歪みが生じると、関節の動きに制限が生じてきます。

この制限を人は『違和感』として感じたり『痛み』として感じたりするわけです。

それが今皆さんが感じる腰・肩・膝etc・・・の痛みの大きな原因の一つです。

ということは、何をどう改善すべきかはもうお分かりかと思います。

 

最近では・・・

変形性膝関節症

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症      etc・・・

病院でこのような診断を受けている方が沢山いらっしゃいます。

結果手術に踏み切った方も多いでしょう。

手術をして『痛み』が取り除かれても、根本的な『原因』が取り除かれなければまた後に苦しむことになります。

 

当院には、病院で様々な診断を受けた方が沢山来院します。

変形性膝関節症と病院で診断を受けて注射をうってもなかなか良くならなかった方が、

今ではすっかり痛みもとれました。

リウマチで椅子から立ち上がるのもやっとだった方が、今では立ち上がりも歩行もしっかりしてきました。

皆さんが今抱えている腰痛・肩痛・膝痛etc・・・必ず根本的な原因があります。

痛みをとることだけが治療ではなく、その根本的な原因を知ることこそが大事な治療になってくるのです。

 

様々な痛みを抱えている方、是非一度春風堂接骨院へお越しください。

腰痛肩痛・膝痛などでお困りの方はこちら

春風堂接骨院へのお問い合わせはこちら

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之