捻挫

2015.02.27 | Category: 勉強会

http://shunpudo-sekkotsuin.com/post/post-1010

2月も終わり、気温の変化が激しい季節になりました。

季節の変わり目、身体に厳しい季節です。

体調を崩さぬようご注意ください。

 

以前、捻挫の話をしました。

その時は捻挫をした後は冷やしましょう!

という事を書きましたが今回はその逆…温めましょうという事を書きます。

 

冷やしたり温めたりと一体どっちなんだ?

と思うでしょうけども人の体は不思議なもので捻挫してから1週間は

大量の血液が捻挫した場所に集まって治そうとします。

この場合は血液の循環を悪くするために冷やします。

冷やさないとどうなるかは

http://shunpudo-sekkotsuin.com/post/post-1010

で確認を!!!

 

1週間冷やした意味とは出血を最小限に抑えるためにやりました。

今度は今まで冷やしていた場所を温めて血流を良くします。

なぜ?

冷やして循環が悪くなったものを良くして新鮮な血液を流し込みます。

そうすることによりこわれかけた筋肉や腱を修復して

元の状態に近づけます。

こうすることにより、治る期間を短くしています。

 

捻挫した場合はほっといた時間分治る期間が延びますので

このぐらいなら大丈夫だろうと思っていても

かなり厄介なことにもなるのでお気を付けください。

 

西東京市下保谷 春風堂接骨院

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之