捻挫

2014.12.19 | Category: 勉強会,血液

12月に入り今年の残りが2週間過ぎました。

とても寒い日が続いておりますが、体調の方はどうでしょうか?

寒い日には神経痛が辛いという患者さんがいます。みなさんお気をつけてください。

 

 

さて、本日は血管の話が絡む皮膚壊死です。

たとえば、足首を捻挫しました。痛いと思いますよね?

そして捻挫した場所は筋肉や腱から出血が起こります。

ひどい捻挫の場合出血が大量で足首がパンパンになります。

このパンパンになった足首をそのまま放置しておくと筋肉や腱の損傷個所からの出血がほかの筋肉や腱を圧迫し

足首に流れている血管も圧迫して、足に血液が流れなくなります。

足に血液がいかなくなったので足の皮膚や筋肉、骨にまで十分な血液がいかなくなり壊死いてしまいます。

壊死とは、足の指先から徐々に皮膚が黒くなっていくことです。そして、黒くなった場所は自分の意志では動かせなくなってしまいます。

こうなってしまいますと切断するしかなくなってしまいます。

 

 

捻挫してすぐに接骨院に来れない場合

これを予防するには捻挫した直後は20分程度氷で冷やして血液の循環を抑え腫れを抑えます。

それから仕事終わりなどに来ていただき包帯で動かないように固定します。

この固定は動かすことによって出血がひどくなってしまうので動かないように固定します。

そして家に帰った際、お風呂には入らずシャワーだけにしてください。

これもお風呂に入ることによって血液の循環がよくなって出血がひどくなってしまいます。

そしてもう一つ血液の循環がよくなってしまうのでやめていただきたいことはお酒です。

お酒は興奮作用がありどんどん飲んでしまうと思います。

そうすると次の日には捻挫した個所がパンパンに張れます。

なので捻挫して5日間はお酒、お風呂は絶対にやめて下さい。

 

 

春風堂接骨院 スタッフ

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療のみ、お電話でのご予約が可能です
休診日日曜・祝祭日
院長大熊 貴之