産後骨盤矯正 太りやすく瘦せにくい 保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)

2017.03.09 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)向です。

今回は産後骨盤矯正で来院されている患者さまの紹介をさせていただきます。

この方の主訴は右腰と背中、両股関節に痛みがあり骨盤の開きや姿勢が気になるとのことでした。

腰の痛みが右寄りになっていることや股関節前方に痛みがあるといったことから骨盤が歪んでいると思われます。

右寄りになっていることは骨盤の左右差がでており、足の長さなどが変わってきておりバランスが崩れて右の方に負担がかかりやすいといった状態になっているのです。

股関節の前方に痛みがあるということは骨盤が前に傾いてしまっており、重心が前方にあることで負荷が通常よりかかってしまい股関節に痛みがでてしまっているのです。

また、出産による影響で股関節前方が開く形で筋・腱が引っ張られる形でも痛みがでてしまいます。

骨盤というのは通常開くことはなかなかありません。

出産というのはやはり特別なことで出産時に骨盤の恥骨結合という場所がホルモンの影響で開くことになり、お子さんが誕生するといったのが出産の流れなのです。

この後に骨盤の開いたのが正常の位置にもどってくれればいいのですが、これが筋肉などの影響でなかなか元に戻ってはくれず開きっぱなしになっているのが産後特有の歪みなのです。

筋肉の影響というのは、筋肉は通常骨と骨の間に張ってましてこれが収縮してくれて関節を動かしてくれます。

この筋肉は使いすぎたりすると疲労し硬くなり短縮してしまいます。

短縮し硬いままの状態になってしまうと骨を引っ張る形で歪みの原因になってしまいます。

出産するときに筋肉が過度に使ってしまうのも原因の一つです。

骨盤が開きっぱなしになっているとどういった状態になるかというと、骨盤の中には内臓がはいっており開いたままだとこの内臓の位置が落ちる形で場所が変わってしまいます。

内臓の位置が変わると通常より負担がかかることで消化吸収が正常に働かなくなり新陳代謝が悪くなり産後によく言われる太りやすくやせにくいといった体質になってしまうのです。

また、これにより便秘や冷えにもなりやすくなってしまいます。

この骨盤の開きを整えると内臓の位置が元の位置に戻ることにより消化吸収が正常に働きやすくなり新陳代謝が良くなり様々な体質の改善にも繋がってきます。

この方は帝王切開で出産されました。

帝王切開でも骨盤は開くのかといった疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

帝王切開でも骨盤は開きます。

なぜかというとホルモンの影響で開くので出産の準備が身体内ではできているので通常の自然分配と同様に骨盤は開いてしまい、開きっぱなしの状態になってしまうことはよくあります。

産後骨盤矯正の適正の時期は1ヶ月半~2年です。

なぜ1ヶ月半からなのかというと、先ほどお話しにでてきた筋肉を過度にしようしたのとホルモンバランスが崩れているためにそれを安定させるために1ヶ月半置くことが大事なのです。

2年以降になってしまうと身体が歪んだ状態で固定されているのが強くなるので整いにくくなってしまうためです。

ですが、産後3年たってからされている患者さまもいるので気になる方は遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

頭痛・耳鳴り 保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)

2017.03.07 | Category: 首、肩の痛み

こんにちは。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院(整体院) スタッフ 榎戸です。

3月になっても寒さが消えず、春らしい陽気にはなかなかならないですね。

しかし徐々に花粉が飛び始めていて目のかゆみや鼻水、くしゃみと

症状がつらい時期になってきました。

まだまだ日中と夜の寒暖差がありますので体調管理をしっかりしていただいて

適度な運動もしていきましょう。

 

 

さて今回は高校生の子の頭痛・耳鳴りです。

お店は駅から近くて学校帰りにも寄りやすくいつも学校帰りに通っています。

店内もとっても綺麗で雰囲気も良く居心地がいいです。

私は高校生で普段、重い通学カバンを持つ方向が同じで偏ってしまったり、

ずっと授業で椅子に座っていたりして、肩と首に違和感を感じていました。

忙しい事もあり放ったらかしていたのですが、

目眩や頭痛、肩こりが酷くなり肩を動かしづらくなったりしたのでここに伺いました。

始めて治療されたときはどこ触られても痛くて

痛いと叫んでいました。

今は通い始めて5回目ほどで、治療の痛みもなくなってきました。

最初のころと同じ力でやっていると言われますが

最初より緩く治療されているような感じになるまで回復してきたんだなって思いました。

肩のこり自体はまだ取れていませんが、頭痛と耳鳴りは段々となくなり

気付いた時には全く感じなくなっていたという感じです。

詳しい身体の状態を説明しながら接術をして下さいます。

回数券を買えば比較的リーズナブルな価格になるので良いかなと思います。

 

この子は高校生なので毎日スクールバッグをもって学校に行きます。

そのスクールバックが教科書などがバッグいっぱいに入っていて重くなっています。

この重い物を毎日同じ肩にかけて持ち歩いていると

重心が傾いていき背骨が曲がっていきます。

そして授業で6時間近く下を向くことになるので

首の筋肉も固まってきます。

こういう毎日の生活の中で徐々に悪くなっていき

何かをきっかけにして肩こりや頭痛・めまいが出てきます。

肩こりだけではなく、頭痛・めまいも筋肉の硬さ

骨格の歪みでもって血液の流れが悪くなり出てきてしまうものなのです。

このような状態になってしまうと高校生だとしても

自然に治ることはあまりありません。

たとえ痛みが引いたとしても、またすぐに痛みが出てきたり

数年後社会人になった時に仕事の疲労でもって

以前よりも痛く辛い思いをする可能性があります。

なのでまだ学生だから放っておけば治ると言う事はありません。

学生のうちに痛くなってしまっているものをしっかりと治し

数年経っても痛みのない状態にしてほしいのです。

それに年齢が若ければ若いほど、いい状態に戻っていくまでのスピードが速いですし

痛みの期間が短ければ短いほど治療にかかる期間も短くなります。

 

ですから痛みがある学生のいるご家庭や学生本人が

しっかり早い段階から治療に来て頂ければいいかなと思います。

最近学生も多く来られるので痛みのある学生は一度

当院に来て治療を受けてみてください。

 

頭痛・不眠について

肩こり・首のこりについて

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院) 

TEL042-421-5213

 

 

腰腰・坐骨神経痛 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.03.07 | Category: トリガーポイント,神経,腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)の石川です。

花粉が増えてきて花粉症の方は鼻水との戦いが始まりますね。                                

私自身も極度の花粉症なので卒業シーズンはいつも目がかゆく、鼻がムズムズする感じが毎年のように訪れます。

花粉症対策としてマスクをするのを忘れずにしましょう!!

暑くなったり寒くなったりと気候の変化によって身体に異変が出てくる時期でもあります。

体調管理はしっかり、手荒いうがいは常にするよう心がけましょう!!

今回は3年前から足先にしびれがありときどきぎっくり腰になる患者様をご紹介いたします。

三年前ほどから右の腰から足にかけてしびれがあり,ここ最近は日を重ねるごとに痛みが増してきました。産後から腰の痛みあり10年ほど経ってしまいましたが骨盤矯正に興味があったので友人の紹介で春風堂接骨院・整骨院さんへ行きました。骨盤の歪みが酷く右側の骨盤が下がっていて足の長さが違っていたようです。                                    骨盤矯正と聞くと骨をバキバキとしてすごく痛い印象でした。筋肉自体が硬くなっていて悪くなっている部分が痛かったくらいで思っていた以上に痛みがなかったのでよかったです。治療をしてもらった次の日にはしびれが無くなっていました。五分以上もたなかった正座が今は長い時間座ることができているので自分自身に驚きでした。一回の施術で治らないと言う事は知っているので何回か通って痛みの出にくい身体を作りたいと思います。小さいお子さんをつれてきているお母さん方もたくさんきていてすごく院内は良い雰囲気でした。もっと早く春風堂接骨院・整骨院さんに伺えばよかったと思いました。回数券などもあったのでお得に通えると思います。

三年前からネイルの仕事をしていてその仕事を始めてから足のシビレが出ていて、症状が出た当初は整形外科に行き坐骨神経痛と診断され、針や湿布・電気治療・痛み止めを行っていたが二年間ほど通ったが痛みやシビレが軽減しなかったので当院へ来院されました。                                                         この方はお仕事柄座っていることが多く同じ姿勢になっていることが多いと言っていました。患者様の中で座っているときは筋肉自体使っていないと思う方が多いです。しかし、座っているとき筋肉を使っていないと正しい姿勢をキープすることができません。なので座っているとき立っているとき、筋肉を使っています。座っていたり立っていたりと同じ姿勢の繰り返しにより筋肉は硬くなってきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みやシビレへと変わっていきます。             筋肉が硬くなると骨格的な歪みにもつながってきます。骨格の歪みからも神経や血管が圧迫され痛みやシビレが出てきます。   春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の治療では骨格の歪みを矯正と筋肉の硬さを取る治療の二つからアプローチをかけ、今後痛みの出にくい身体やケガのしにくい身体作りを目指してもらいます。                                   この症状に当てはまる方、またヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間板症と診断された方、他の症状でどこへいってっも治らないという方がいらしましたら当院で診させていただきます。

ぎっくり腰について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)TEL042-421-5213

 

 

 

 

膝の痛み・腰痛・ 西東京市 保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.03.04 | Category: 未分類

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

暖かい日と寒い日の差が激しく身体が温度差についていけず、肩や首のコリからくる頭痛やぎっくり腰などと言った症状の患者様が増えています。                                                      寒い日にはインフルエンザが流行り、暑い日には花粉が舞うという嫌な気候が最近は多いですね。なんか少しでも身体に違和感や痛みが出たら痛みが消えるのを待つのではなくすぐに当院へお越しください!!                          ここでもう一度告知させていただきます。                                         先月からコアレというEMS機器を導入しました。EMSって何?と思う患者様が多いと思います。軽く説明させていただきます。 EMSとは簡単に言えば筋トレ機器です。この機械はただの筋トレだけでは鍛えられないインナーマッスルを鍛えてくれます。筋肉にはアウターマッスルというものとインナーマッスルというものがあります。アウターマッスルというのは筋トレ器具で荷重をかけ鍛えれば鍛えるもので、運動時・身体を動かす時に使う筋肉です。インナーマッスルとは骨や関節を支えてくれている筋肉です。インナーマッスルと鍛えることで身体の姿勢が良くなり疲れにくい身体になります。シェイクアップ効果もあるので興味がある方は一度ご連絡下さい!! 

今回は膝の痛み・湖心の痛みがある患者様をご紹介させていただきます。

半年前に腰が痛くなり徐々に膝に痛みがでてきて整形外科へ行きました。
整形外科では膝に水が溜まっていると言われ水を抜きヒアルロン酸の注射を打ってもらっていました。
膝には湿布を貼り痛み止めを飲みながら痛みに耐え仕事に行っていました。しかし会社のの階段が苦痛になり夜中も痛みが出て熟睡することができませんでした。
一向に治る気配がなかったので春風堂接骨院・整骨院さんへ行きました。
素人にも分かりやすい説明をしていただき骨盤の矯正をした後から膝の痛みが軽減し夜も熟睡することが出来ました。痛み止めも飲むことが無くなったので助かっています。

この方は看護師をしていてずっと立っていることが多く一日の大半は動き回っているそうです。痛みが出た当初は整形外科に行き、ヒアルロン酸の注射を打ち痛み止めや湿布を貰っていました。ヒアルロン酸注射は効果が出る人はすぐに出てくるので五回うって効き目がなかった場合それはもうききません。                                       この方は仕事柄立っていることが多いと言う事で同じ姿勢の繰り返しによって筋肉は徐々に方になってきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みへと変わっていきます。筋肉の硬さに左右差が表れてくると骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪んでくると足の長さが左右変わってきて日常生活で歩いていると片方に荷重がかかりやすくなり膝への負荷のかかり方が変わってきて片方の膝に痛みが出てきます。この骨盤の歪みで足の長さを揃えてあげることとお尻の筋肉の硬さを取り除くことによって徐々に痛みが軽減してきます。                                               春風堂接骨院・整骨院(整体院)の治療では骨盤の歪みをとる骨盤矯正と硬くなった筋肉に柔軟性を生ませる治療を行い、今後痛みの出にくい身体や疲れにくい身体作りを行っていきます。                                     この症状に当てはまる方・いろいろな治療院に行っても治らなかったという方当院で一度診させてください。

腰痛について

膝の痛みについて

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)TEL042-421-5213

腰痛 保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)

2017.02.22 | Category: 股関節の痛み,腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ榎戸です。

ここ数日暖かい日が出てくるようになり朝と日中の差が大きくなってきて

春が近づいてきましたね。

何度も書いていますが寒暖差が激しいと体調を崩しやすいので気を付けて下さい。

学生の方はもうすぐ卒業ですね。

中学、高校なら3年間ともに学校生活をしてきた友達とあと少しです。

同じ高校、大学と進む人がいるとは思いますが

また一からのスタートになります。

3年生の方は残り少ない学校生活を楽しんでください。

 

 

さて今回は腰痛の方の話です。

腰の痛みが強く出てしまい整形外科で診てもらったのですが

レントゲンで異常がなく、仙骨痛とだけ診断され

痛み止めと湿布を出されましたが痛みは引きませんでした。

そして徐々に痛みが酷くなり、動くのも大変になってきたので、春風堂接骨院・整骨院に足を運びました。

仙骨痛とだけ言われ痛みの原因もよく分からないのでモヤモヤしてたのですが、

こちらでは初診で今の自分の状態、

何故痛みが出てるのかを分かりやすく説明してくれるので

とても安心出来ました。

まだ2回の施術ですが、かなり楽になり、

普通に歩く事も出来るようになりました!

まだ治療が2回なので、前に屈んだり、物を持上げたりは辛いですが、

通う度に良くなっている実感が出来るので良かったです。

 

腰の痛みというのはヘルニアだったり脊柱管狭窄症だったりと

いろいろ診断される症状がありますが実際痛みを出しているのは筋肉の場合が多いです。

日常生活や仕事でお尻の筋肉を使います。

歩いたり走ったり、もっと言うと立っていたり座っているだけで

お尻の筋肉を使っています。

そのため常に重力に逆らっているので気づかないうちに

状態が悪化し何かをきっかけにして痛みが出てきます。

お尻の筋肉は自覚として痛みを感じることがほとんどありません。

だから疲労が溜まってきて状態が悪化すると痛みが

お尻ではなく腰や股関節に出てきます。

そして腰の痛みだと思い整形外科に来院し診てもらうと

腰のレントゲンを撮り、骨だけを見てヘルニアだね、とか脊柱管狭窄症ですね

と言われ、ほとんどのところが湿布と痛み止めを処方して終わりです。

これでは根本的な治療にならず、対処療法として痛みが感じなくなっているだけです。

痛み止めなど薬に関しては飲み続けることにより、効果が薄れてき始め

消化器系に負担がかかったりします。

ですから春風堂接骨院・整骨院では上記のように整形外科に行ったけど

よくならず困っているといった方が多く来ます。

治療としては骨格・骨盤の状態を診てから矯正

そのあと痛みの原因になっている筋肉はもちろん

その周りの筋肉にもアプローチをかけて状態を良くしていきます。

治療なので痛みはかなり出ますが状態が良くなれば

痛みは引いていきます。

上記のような方や肩こり・頭痛でお悩みの方は

是非、春風堂接骨院・整骨院で治療を受けていい身体の状態を目指してはいかがですか?

 

腰痛について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

TEL 042-421-5213

 

 

産後骨盤矯正 腰痛 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.02.21 | Category: 産後の骨盤矯正

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整体院)向です。

今回、紹介したいのは産後骨盤矯正で来られている患者さまについて書いていきたいと思います。

この方は元々慢性的に腰痛をもっており、2年前に足をケガをして歩き方も変になっているので腰が痛みがでていたとのことでした。

今回出産により、痛みがさらに増したので来院したとのことです。

まずこの方は腰の痛みは筋肉は元々硬くなっており、その上に足のケガの影響でかばうように歩いていたため左右の足の長さなどが違い歪みがあるのが腰の痛みの原因の一つであります。

さらに出産することでより一層歪みが強くでることにより痛みがさらに増す状態になっています。

出産した後に骨盤は歪むのか?といった疑問をもつ人いると思います。

出産というのは骨盤にある恥骨結合という場所がホルモンの影響で開いてお子さんが誕生するといった流れなのです。

この骨盤が開いた状態でいるのが産後でいう代表的な骨盤の歪みなのです。

また、出産時に歪みがでる原因の一つに筋肉の硬さも関わってきます。

出産前はお子さんを身ごもっており、身重なのでそれを支えるために筋肉を使ってるため。

出産時にも筋肉を使っているため疲労し硬くなってしまっています。

筋肉は骨と骨に張っているので筋肉が硬くなり短くなって引っ張る形で歪みの原因になってきます。

開きっぱなしだけではなく逆に閉じすぎている状態にもなる事があります。

これは先ほどお話しで出てきた筋肉の影響が強く出ているためです。

骨盤が開きっぱなしだとどのような影響が出るのかというと、一言で言うなら代謝が悪くなります。

なぜ代謝が悪くなるのかというと、骨盤の中には内臓が入っており開きっぱなしだとこの内臓の位置が落ちるような形で変わってきてしまい通常より負担がかかってしまう形で正常に消化吸収がしづらくなってしまいます。

こうなってしまうと産後によく言われる「太りやすく瘦せにくい」と言われる体質になってしまいます。

この骨盤の開きっぱなしを整えると内臓の位置がもとの位置に戻り正常に機能するようになり太りやすく瘦せにくいといった体質の改善につながってきます。

逆の骨盤が閉じすぎてる状態というのもこの体質に関わってきます。

閉じすぎていると内臓を圧迫する形で内臓にストレスがかかってしまい、代謝異常が起きてしまいます。

生理痛や便秘、恥骨の痛みも出やすくなってしまいます。

閉じすぎてる状態も整えることで改善につながってきます。

なぜこの2つの歪みについて紹介したのかというと、この患者さまは両方ともに出ていたからです。

左側は閉じすぎている状態、右側は開きっぱなしの状態に歪みが出ていました。

このように人によって産後の状態は違います。

だからこそ、それぞれの患者さまにあった治療をする必要があるのです。

私共の治療は患者さまにあった骨盤を整え筋肉の硬さをとる治療、両方共に行うので根本的に治していき痛みや疲れが出にくい身体を作ることができます。

産後骨盤矯正でなにかご不明な事や心配なことがございましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛 骨盤矯正 保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.02.21 | Category: 神経,腰痛,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の石川です。

だんだんと春に近づき暖かい日が増えてきましたね。

暖かい日が多くなるにつれ花粉が多くなり、目がしょぼしょぼし、くしゃみが止まらない日々になってきました!!

花粉予防・インフルエンザ予防としマスクをすることを心がけましょう!!

今回は昔からぎっくり腰癖があり、長年腰痛に悩んでいる方をご紹介させていただきます。

三年前ごろからギックリ腰が癖になっていて二ヶ月に一回ぎっくり腰になっていて三年前から病院の方に通っていました。
しかし痛み自体取れることなく痛み止めの注射を毎回やっていてその場では痛みは取れるが、少し時間がたつと痛みが再び出てきました。
今回のぎっくり腰はいつもの感じと違い、立ち上がるのがやっとで歩くのがままならいな状態だったのでインターネットで調べ口コミを見て春風堂接骨院・整骨院に行きました。
タブレットを使って素人にも分かるように説明してもらい自分がどれだけ悪い状態なのかがわかることが出来ました。治療自体すごく痛みがありますが終わった後はすっきりした感じになりました。
歩くこともままならなかった私ですが今は何も気にせず歩くことができています。
根本治療的に治療をし、今後ぎっくり腰にならないようしっかり通っていきたいと思います。

この方は三年前から二ヶ月に一度ぎっくり腰になりそのたびに整形外科に行き、電気療法痛み止めの薬・注射、マッサージなどをしていました。痛み止めなどをすると一時期はいいのですが、日が経つごとに痛みが再び出てそれの繰り返しだと思い根本的に治したいということで当院へ来院されました。ぎっくり腰など炎症の起きている腰の痛みには痛みを一時期軽減させる効果はありますが、坐骨神経痛などの神経の異常では効果が出ることはありません。

仕事はネイルサロンをしていて、常に中腰になっていたり椅子に座っていることが多いです。中腰になっていたり椅子に座っていたりすると筋肉を使ってないように思えますが常に使っている状態になり筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなるとその中に通っている神経・血管が圧迫され痛みやしびれなどにつながります。痛み止めの薬や注射などをしたら痛み自体は一時期無くなると思います。しかしそれではこの方と同じように痛みがでて痛み止めをしての繰り返しになります。一時期無くなったと思う体の状態はさらに悪化し、筋肉の状態でいえばさらに硬くなります。筋肉が硬くなってくると骨盤の歪みにもつながってきます。

春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の治療では硬くなった筋肉へアプローチする筋肉的治療と骨盤の歪みをとる矯正を行います。何か気になる事何かお悩みがありましたら当院へご連絡下さい!!

腰痛について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

ふくらはぎ筋挫傷 保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.02.18 | Category: 肉離れ

こんにちは。

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院 スタッフ 榎戸です。

今月も早いものでもう半分が終わりましたね。

最近は晴れてばかりいて乾燥している日が続いていますが

水分補給をしっかりして乾燥対策をしましょう。

そしてこれからは日中暖かく夜寒いといった寒暖差で痛みが出てきやすくなり

状態が悪化することや急な運動で

肉離れをしてしまう危険がありますので気を付けて下さい。

 

 

さて今回は高校生で陸上部の子の話です。

昨年の冬に陸上の部活で走り始めようとスタートダッシュをした際に

ブチッと音が鳴り、左ふくらはぎを怪我した。

整形外科の先生に診てもらったところ肉離れの手前で

二週間程安静にしていなさいと言われ安静にしていて、

練習に復帰したが強い衝撃が加わると痛くて

足の痛みが良くならずに年を越した。

そして年明けにお母さんの紹介で春風堂接骨院・整骨院に来て

治療を受けたら痛くて叫びそうだった。

治療が終わっても痛みが引かず熱をもっていた。

しかしこれは状態が悪い時ほど出やすく

治っていく過程で必要な事だと言われたので

ビックリしたけど良くなると信じて通い始めた。

一ヶ月程通い最初は痛みが強かったが通っていくうちに

治療での痛みが無くなり、足の状態がよくなっていくのが実感でき

スパイクを履いて走れなかったもの

もっというと走ることができなかったのが

スパイクを履いて全力で走っても問題なくやれるようになり

治療での痛みがかなりあったけど通っていてよかったなと感じた。

これからはちゃんとケアして再発しないようにしていきたいと思う。

そのために練習終わった後は自分でできることはやり

治療にも行こうと思う。

治療は痛いけど良くなるので良いと思います。

 

この子は中学までサッカーをやっていてその時に

足を痛めたという歴がありました。

その時も治療はせずに安静にしていて落ち着いたから部活に復帰した感じだったそうです。

そのためいい状態で部活やれていなかったので負担が大きく

疲労の蓄積があり筋肉が固まって今回の痛みにつながってきてしまっています。

痛みには使い過ぎによる筋肉の疲労と

使わなすぎによって固まってきたから出てくるものとに分かれます。

この子の場合は使い過ぎによって出てきていて

安静にすればある程度落ち着いてきますが

そこから先は良くならず使っていくと同じ痛みを繰り返してしまい

前痛めた時の状態よりも悪くなってしまいます。

だからしっかりと治療をして硬くなってしまった筋肉をほぐして

柔軟性を出していく。柔軟性を出していくことによって

筋肉の運動がスムーズになり動きやすく、疲れにくく

再発しない身体になっていきます。

 

 

高校生の部活などで運動が激しく痛みがある方でも

治療し始めは安静して頂きますが

状態が良くなっていくにつれて部活をしながら通ってでも

良くなっていきますので

もし同じように部活で痛めてしまって困っている。

早く部活に復帰したいと思っている方がいましたら

ぜひ一度春風堂接骨院・整骨院の治療を受けてみて下さい。

 

 

スポーツ障害について

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院

☎:042-421-5213

腰痛・骨盤矯正 西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.02.17 | Category: 腰痛,骨格骨盤矯正,骨盤矯正

こんにちは!!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院の石川です。

一月も終わり二月の中旬を迎え、三月に向け少しずつですが暖かい日が増えてきて来ましたね。

暖かい日が増えてくると花粉症の方には天敵の花粉が舞ってきます。

花粉症対策としてマスクをし、風邪にも負けなようがんばりましょう!!

今回は慢性化した腰痛とすねの部分がつるという患者様をご紹介いたします。

昔からあった慢性化した腰痛や太ももや脛につる感じが出ていることが多かった私…
最近は急激に寒くなり強くなる寒さに対して 同じように痛みも増してきてしまい 夜中寝返りをうつことでさえできなくなり 痛くて寝ることもままならない状態でした。
整形外科にてレントゲンをとってもらい、腰の骨が曲がっていると言われ昔からあった腰痛の原因が骨盤の歪みからくるものではないかと思い根本的に痛みの出にくい身体を作りたいと思い春風堂接骨院・整骨院さんへ伺いました。
初めての施術の後では下半身の血流が良くなっているのか、ぽかぽかと暖かくなってきました。                         二回目の治療の後は 寝ることもままならなかった腰の痛みがほとんど痛くなくなっていました。
まだ二回しか治療をを受けていないのにこれだけ効果があるとは思いもしませんでした。もう少し通い根本的に治して行きたいと思います。

この方は看護師をしていてかがむ動作やずっと立っている姿勢が多いと言っていました。立ったりかがんだりを繰り返していたり、ずっと立っている姿勢を繰り返し行っていると筋肉が硬くなってきます。筋肉が硬くなるとその中にある神経・血管が圧迫され痛みやシビレへと変わっていきます。この方の場合脛の部分が朝起き際毎回つるそうでそれも筋肉が硬くなってくると足先に届くはずの血流が滞りつる感じや冷え性などにもなります。筋肉が固まってくると骨盤の歪みにつながってきます。骨盤が歪んでくると腰の痛みや膝の痛みこの方もあるように大腿の痛みなど左右差が出てきます。筋肉が固まり左右差が出てくるとあぐらをかけなくなったり正座をかくことが出来なくなる方もいます。このかたもあぐらをかくことができなかったが筋肉が柔らかくなった感じがし、あぐらができるようになったと言っておりました。                                春風堂接骨院・整骨院(整骨院)の治療では筋肉が硬くなっているのをほぐす治療と骨盤の歪みを整える矯正を行い、ただ今の痛みを取り除くだけでなく今後疲れにくい身体作りやケガのしにくい身体作りを行っていきます。何かご不明な部分や何かお悩みがある方は当院までご連絡下さい!!

腰痛について

骨盤矯正について

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)TEL042-421-5213

 

産後骨盤矯正 股関節の痛み お尻の痛み  西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院(整骨院)

2017.02.17 | Category: 産後の骨盤矯正,股関節の痛み,腰痛

こんにちは!

西東京市 下保谷 大泉学園 春風堂接骨院・整骨院 向です 。

今回、産後骨盤矯正来られていた患者さまの紹介をしていきたいと思います。

この患者さまの主訴は腰~お尻にかけて、股関節前方の痛みがあり下腹が出ていることや冷えも出ているとのことです。

また、両肩にかけて肩こりもあり気になっているとのことでした。

この方は出産されて3カ月たってから来院されました。

産後骨盤矯正の適正の時期は産後の1か月半~2年と言われています。

なぜ産後に1か月半ぐらいたってからやるのかというと、出産後は筋肉を凄まじく使い疲労しきっているのとホルモンのバランスが崩れているのもあるのでそれらを安定させるために1ヶ月半安静にしておく必要があるのです。

2年までと書いていますが、この時期以外にも可能ですがどうしても適正の時期に整えた人と比べて時間はかかってしまいます。

これは2年よりたってしまうと、どうしても身体が歪んだ状態で固定されているのが強くなってしまうので正常の状態を戻すのに時間がかかってしまうのです。

実際に3年たって来られている産後の方もいらっしゃいますので時期が過ぎても大丈夫なのでご相談下さい。

産後に骨盤が歪むといった話が出ているののですが、実際どんな風に骨盤が歪むのかというと骨盤が開いてしまうといったのが産後の代表的な歪みです。

骨盤が開くのかといった疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

通常だと骨盤というのは開くことはなかなか無いのです。

ただし、産後は特別なものです。

出産というのは、骨盤にある恥骨結合という場所が出産時にホルモンの影響で開いてくれお子さんが誕生するといったのが出産の流れなのです。

この時に開いた骨盤は正常の位置に戻ってくれたのならいいのですが、筋肉などの影響でなかなか元の位置に戻ってはくれません。

このようなことで骨盤が開いたままの状態で固まってしまうのが産後の状態の特徴です。

この骨盤が開いたままの状態だとどうなるかというと、骨盤の中には内臓が入っており骨盤が開くと内臓の位置がかわってしまいます。

このままの状態でいると内臓の位置が下がり下っ腹が出やすい状態になります。

また、内臓の位置が変わるということは通常通りの消化吸収がうまくいかず代謝が悪くなり太りやすく瘦せにくいといった体質になってきます。

これが出産後に太りやすく瘦せにくいといった原因になります。

また代謝が悪くなることになり、便秘なども出てきやすくなります。

骨盤の開きを整えることで、内臓の位置が戻り代謝も正常になり様々な症状の改善にも繋がってきます。

また、この方は骨盤が左に傾いているのと骨盤自身が前に傾いているような歪みも出ています。

左右に傾きがあると足の長さが変わってきてしまって腰などの痛みに左右差が出やすくなってきます。

それと骨盤が前に傾いていると重心が前にきてしまい、膝や股関節に負担がかかりやすくなってもいます。

この方はこれらの原因で左の股関節の前に痛みがでています。

今まで骨盤の歪みの話をしてきたのですが、歪んだ原因は筋肉にあるのです。

筋肉は骨と骨の間に張っており、伸び縮みして身体を動かしてくれます。

この筋肉が使い過ぎ疲労し硬くなっていくと短くなり、引っ張る形で骨格を歪ませてしまいます。

私どもの治療は骨格の歪みをとるのと、筋肉の硬さをとる治療両方をしています。

骨格を整えるのと筋肉の硬さをとる治療をしていくと根本的に治していくことができ疲れにくい、ケガしにくい身体を作ることができます。

産後骨盤矯正についてなにか心配なこと,ご不明な点等ございましたら遠慮なくご相談下さい。

腰痛に関することはこちら

産後骨盤矯正に関することはこちら

西東京市 下保谷 春風堂接骨院・整骨院(整体院)

☎:042-421-5213

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之