TEL

椎間板ヘルニア

このような方はお悩みはありませんか

椎間板ヘルニア

  • 病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され治療法が手術しかないと言われた方
  • 痛み止めの薬や注射の治療をやられている方・腰椎椎間板ヘルニアで100メートルもまともに歩けない方(間欠性跛行)
  • 腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれで仕事に集中できない方
  • いろいろな治療院へ行き痛み止めを貰い注射をしたが痛みが改善しない方
  • また同じような症状を繰り返したくない方

 

①腰椎椎間板ヘルニアの本当の理由とは?

腰椎椎間板ヘルニアとは背骨の腰部にある椎骨と椎骨の間にクッションの役割をする椎間板が変性し、椎間板の組織の一部が突出し神経や血管が圧迫されることにより腰の痛みや腰から足にかけての痺れ(坐骨神経痛)になると言われています。

椎間板には座っていたり立っていたりと日常生活の普通の動作でも負荷はすごくかかります。年を重ねると筋力が落ちてくるので筋肉で姿勢を保つことができず、椎間板に直で負荷がかかってしまい腰椎椎間板ヘルニアを発症してしまいます。

しかし、骨や椎間板の変性だけが腰の痛みの原因ではありません!

なぜならレントゲンでは骨や椎間板の状態しか見ることができなく、骨盤の歪みの状態や筋肉の状態などが見れないので骨や椎間板の状態だけが腰椎椎間板ヘルニアによる痛みや痺れの原因ではありません。

腰椎椎間板ヘルニアと診断され西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院される方は多くいます。

実際の腰椎椎間板ヘルニアの腰の痛みや腰から足にかけてのしびれの原因は日常生活での反復の動作やお仕事での同じ姿勢の繰り返し、荷物をいつも片側で持つなどのアンバランスな姿勢といった要素により骨盤は歪んでしまいます。

それに伴い筋肉が硬くなることにより筋肉の中にある神経や血管が圧迫されることにより腰椎椎間板ヘルニアの症状である腰の痛みや腰から足にかけての痺れが出てきます。そして筋肉が硬くなると骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪んでくると筋肉自体硬い状態がとれず、腰の痛みや腰から足先への痺れなどが常に出てきてしまいます。

なので、骨や椎間板ばかりを重視するのではなく骨盤の歪みの状態や筋肉の状態を良くしていく治療が必要になります。

又、実際に腰椎椎間板ヘルニアが原因であったとしても腰椎椎間板ヘルニアになってしまう骨盤の歪みや筋肉の硬さの要素がもともとあり,通常よりも腰椎椎間板ヘルニアになりやすいベースがあるために腰椎椎間板ヘルニアになってしまいます。

一回腰椎椎間板ヘルニアが治ったと思ったらまた繰り返すというのはここが治っていない為に繰り返してしまいます。

この骨盤の歪みや筋肉的な硬さを治す事によって根本的に改善され腰椎椎間板ヘルニア自体になりにくい身体になります。

この椎間板ヘルニアの症状の原因をつきとめ、また同じ痛みやしびれの出ない身体を作る治療を患者様一人一人に合わせた施術を西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では行っていきます。

 

②春風堂接骨院の腰椎椎間板ヘルニアの施術とは? 

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には、病院でレントゲンを撮り腰椎椎間板ヘルニアと診断され、様々な治療院へ行き色んな治療・痛み止めの薬・痛み止めの注射などを受けたが良くならないといった方が西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院される方が多くいらっしゃいます。

レントゲンで腰椎椎間板ヘルニアと診断されてもヘルニアがあってもそれはレントゲンの診断でありレントゲンでは骨や椎間板の状態しか見れなく、骨盤の状態や筋肉の状態というのはわかりません。なのでレントゲンで腰椎椎間板ヘルニアと診断されたからと言って腰の痛みや腰から足にかけてのしびれにつながるわけではありません。

またMRIでヘルニアがあってもそれが本当に神経症状の原因かはそれだけでは分かりません。

実際の腰椎椎間板ヘルニアの痛み・しびれの原因は日常生活動作での足を組む・うつぶせになりながらテレビを見るなどの反復動作や立ち仕事や座っている仕事などによる悪い姿勢の繰り返しなどにより筋肉が硬くなります。筋肉が硬くなることにより筋肉の中にある神経・血管が圧迫され腰椎椎間板ヘルニアの症状と同じような腰の痛みや足から腰にかけてのしびれがでてきてしまいます。そして、筋肉がなぜ硬まってしまうのかというと骨盤の歪みがあるからです。骨盤の歪みがあると身体の左右で負荷のかかり方が変わり、片方の筋肉が硬くなりすぎてしまう事により左だけが痛い・右だけが痛いというようになってきます。

ただ筋肉的な治療やマッサージ電気治療などをやっても一時的に状態はよくなるとは思いますが少し時間が経つとまた同じような症状が出てきてしまいそれの繰り返しになります。

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療では脊柱管狭窄症でお悩みの患者様に対して医師が開発した西東京市初のバキバキしないSPAT矯正法で骨盤の歪みを矯正し本来の正しい姿勢を取り戻す治療に加え、硬くなった筋肉に対して柔軟性を出すためマニュアルメディスンに乗っ取った治療の二つからアプローチをしていき、一人一人に合った治療をし、患者様自身の自然治癒力を最大限に高めることにより今ある痛みを取り除くだけでなく今後痛みの出にくい身体や疲れづらい身体作りを患者様と一緒に治していきます。

 

※レントゲンで腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術しか治療法がないと言われた方、病院や整骨院でマッサージ、電気治療や痛み止めの薬痛み止めの注射をしたが良くならなかった方、腰椎椎間板ヘルニアの症状を良くなって悪くなってを繰り返してしまう方、腰椎椎間板ヘルニアの症状は一回や二回の治療では治らないので本気で根本的に治そうと一緒に頑張ってくれる方は西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ御相談下さい。

 

③患者様の症例

60代女性 腰の痛み 足の指のしびれ 

3・4年前から腰の痛みがあり整形外科へ行くと腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

整形外科では電気治療やストレッチの体操・痛み止めの薬や痛み止めの注射をしてもらっていました。そこから二年間近く整形外科へ通っていたが一向によくならず腰の痛みに加えて足のしびれが出てきてしまい、色々な病院、治療院へ通ったが日に日に症状が悪くなり西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては、骨盤の歪みを取り除き筋肉の硬さに対しマニュアルメディスンに乗っ取った治療法の二つからアプローチしていき、1人1人にあった治療をしていきます。

この方の骨盤の歪みは右に傾き・前に傾き・左に捻じれていました。

この方は足を組むことが多く、捻じれの歪みが強く出ていました。足を組むことが楽に感じると思います。しかし、楽な姿勢がいい姿勢ではありません。この方のように足を組む癖がある方は多くいますが骨盤の歪みを整えることによりその癖も治ってきます。

このように日常生活の悪い姿勢の指導やストレッチなどを指導しました。今では腰の痛みはなくなり、しびれも大分なくなっていますが気圧の変化などによりしびれが出ることもあるので定期的に通っていただいてます。

 

40代男性 腰から足にかけてのしびれ 腰の痛み 筋力低下

半年前に整形外科にて腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。腰から足にかけてのしびれがあり痛み止めの薬や痛み止めの注射で治療していたが、よくならず痛みで立ち上がれず一週間ほど寝込んでしまい筋力が落ち立ち上がるのもままならない状態になり西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ来院されました。

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては骨盤の歪みを取り除き筋肉の硬さに対してマニュアルメディスンに乗っ取った治療法の二つからアプローチするのに加え、筋力低下での腰の痛み・腰から足にかけてのしびれに対してもコアレ(インナーマッスルを鍛える機械)でアプローチすることができます。

この方の骨盤の歪みは左に傾き・前に傾き・左に捻じれていました。

この方はゴルフを週に2回ほど行っており、ゴルフの反復動作により左の捻じれが強く出ていました。運動する前した後、ストレッチをしなければ筋肉がかたまりそれが蓄積され骨盤の歪みも酷くなり、自力では戻せない程になり常に痛みのある体になります。

ただ治療をするのではなく1人1人の症状にあったストレッチ方法や日常生活での姿勢などの指導もしていきます。

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整骨院)では骨盤の歪みの矯正とマニュアルメディスンに乗っ取った筋肉的な治療に加え、筋力の低下からくる痛みに対してもアプローチすることができ、より痛みの出にくく疲れづらい身体を作る事が出来ます。

この方も腰の痛みや腰から足にかけてのしびれがありましたが痛みやしびれが無くなり今では週二で筋力トレーニングをし、今よりもより良い身体作りをして頂いています。

 

30代男性 交通事故 腰の痛み 腰から足にかけてのしびれ

十年前に交通事故で腰椎椎間板ヘルニアと診断され腰の痛みや腰から足にかけてのしびれが強く出ていました。症状が強く出ていたが仕事が忙しく接骨院・整骨院には通えず整形外科で痛み止めの注射や痛み止めの薬を飲みだましだましやり後に痛みが無くなったがまた同じような痛みやしびれが最近出てくるようになり、以前の時の症状よりひどく腰から足にかけてのしびれに加えて前脛部にずきずきとした痛みが走り、足を下につく際にビーンとした痛みが走り痛みのある足を少し浮かしながらでないと歩けない状態でした。

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては骨盤の歪みを取り除き筋肉の硬さに対してマニュアルメディスンに乗っ取った治療法の二つからアプローチをしていき1人1人にあった治療をしていき今ある痛みだけでなく今後痛みの出にくく疲れづらい身体を作っていきます。

この方の骨盤の歪みは右に傾き・前に傾き・やや左に傾いていました。右への傾きがひどく足の長さが三cmほど違いました。足の長さが違うと日常生活での左右の負荷の掛け方が変わってきます。左右で負荷の掛け方が変わってくると片方に負荷がかかりやすくなり筋肉の硬さにも左右差がでるようになり腰椎椎間板ヘルニアのようの症状が片方の腰や足に出てきてしまいます。交通事故の際に治療をしっかりしていないと筋肉は更に硬くなり痛みも当時より強くなります。そして骨盤の歪みも強く出るので痛み止めの薬や痛み止めの注射では治りません。

この方の場合重症度として凄く高かったので頻度としては来れる日に来て頂き最初は毎日のように来て頂いてました。少しずつ腰の痛みやしびれが減少しだしたら次に間隔をあけ、骨盤が良くなったので胸椎の歪み(猫背)や頚椎の歪み(ストレートネック)を整え、今ある痛みだけでなく今後痛みの出にくい身体を作るために一緒に頑張って頂いています。

この方のようにどこの治療院へ行っても治らなかった方が多く来院し改善されます。同じようなお悩みがある方や違うお悩みがある方は西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整骨院)へご連絡下さい。

 

今すぐお問い合わせ・ご相談下さい 042-421-5213

お問い合わせ、ご相談はお気軽に 042-421-5213

お問い合わせはこちら

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之