TEL

坐骨神経痛

  • 椅子に座るとお尻がしびれ長時間座る事が出来ない(仕事に集中できない)
  • 歩く時・同じ姿勢を繰り返している時お尻から足先にかけて痺れが出る方。
  • どこへ出かけるのも何度か休憩を挟まないと長く歩くことが出来ない方(間欠性跛行)
  • 坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニアと診断され手術しか治らないと言われた方
  • いろいろな治療院へ行き痛み止めを貰い注射をしたが痺れが改善しない方
  • 手術を受けたが治っていない方

 

 

 

                             ➀坐骨神経痛の本当の原因とは?

坐骨神経痛とは腰から足先にかけて通っている坐骨神経が脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)や腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)などにより神経が圧迫された結果,坐骨神経の痛みになる事が多いとよく言われています。

しかし、坐骨神経痛の本当の原因は患者様によって異なります。日常生活の姿勢の悪さ・疲労の蓄積やお仕事での反復動作などにより骨盤の歪みができ、筋肉が硬くなることにより筋肉の中にある神経・血管が圧迫され腰から足先にかけて痛みや痺れが出てきます。

坐骨神経痛に限らず神経症状はレントゲンやMRIで診断されます。 ですが骨だけが原因ではありません。又症状が出てるところだけが悪いわけではなく、症状を出している坐骨神経が圧迫されるところを特定し、そこを治療し坐骨神経の圧迫を取り除き坐骨神経痛を治療することが根本的に改善するたった一つの方法になります。

又、に腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)や脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)が原因であってもそもそもの椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまう骨格の歪み、筋肉の短縮等の要素があり通常よりも腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)や脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)になりやすいベースがあるために腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になってしまいます。 何度もなる方はここが治っていない為に繰り返してしまいます。 これを治す事によって根本的に改善し、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症自体にもなりにくい身体になります。 この坐骨神経痛の神経症状の原因につきとめ、症状の出ない身体を作る治療が西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療になります.

                          

 

                  ➁春風堂接骨院の坐骨神経痛の施術方法とは?

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)には坐骨神経痛と診断され色々な治療院へ行き注射や痛み止めの薬を飲んでも良くならなかった患者様が多く来院されます。 脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)や腰椎椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)だけが坐骨神経痛の原因ではなく日常生活での悪い姿勢の繰り返し・疲労の蓄積やお仕事での反復動作にて骨盤の歪みが出てきます。骨盤が歪むと循環が悪くなり筋肉が硬くなります。

筋肉が硬くなってしまうと骨盤の歪みはよりひどくなり自力では元の骨盤の状態に戻すことが出来なくなってしまいます。この骨盤の歪みに対して西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)では医学的根拠のあるSPAT矯正法を行い元の骨盤の状態に戻します。筋肉が硬くなるとその中にある神経や血管が圧迫され坐骨神経痛の症状が出てきてしまいます。この硬くなった筋肉に対し筋膜リリースやマニュアルメディスンに乗っ取った筋肉的な治療も行います。

西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療では坐骨神経痛でお悩みの患者様に対して医学的根拠のあるSPAT矯正法で歪んだ骨盤の状態を元の正しい骨盤の位置に戻す骨盤矯正に加え、硬くなった筋肉に対し柔軟性を出す治療の二つからアプローチをし、今ある痛み(坐骨神経痛)を取り除くだけでなく今後痛みの出にくい身体や疲れにくい身体作りを目標に患者様と一緒に治していきます。 骨盤矯正と聞くとバキバキするイメージがあると思いますがバキバキしない医師が考案した西東京市で初めて導入した安心・安全な『SPAT』矯正法により患者様自身の自然治癒力を最大限に高めより早く患者様のお悩みを取り除きます。

他の整骨院や病院で治療して神経症状が良くならなかった方、症状が良くなるがまた悪くなるといった神経症状(坐骨神経痛)を繰り返してしまう方坐骨神経痛は一回・二回では治らないので本気で根本的に治そうと一緒に頑張ってくれる方は一度西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)へ御相談下さい。

                                         ③患者様の声

50代男性 腰痛・足の痛み・足のしびれ(坐骨神経痛)

一か月前ほどから腰の痛みや腰から足にかけてしびれ感があったが放っておけば 治ると思い、放っておいたが一向によくならずますます腰の痛み・足のシビレがひどくなり 歩行するのもままならない状態で杖をつき、休憩を挟みながら歩かなければ歩けない状態で来院されましました。

整形外科ではレントゲンやMRIを取り坐骨神経痛と診断されました。 来院当初はただ座っていたり立っているだけで痛みがあり、腰から足にかけてのしびれがひどく杖をつき、足を引きながら来院されました。

この症状に対しての西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては、硬くなった筋肉に対し柔軟性を出す治療だけでなく骨盤の歪みを矯正する二つからアプローチしていきます。

この方の骨盤は左に傾き・左に捻じれ・前傾がありました。日頃から前傾姿勢(悪い姿勢)で歩いていたので姿勢指導と家でやっていただくストレッチ指導を行いました。 今ではしびれ・痛みは軽減し杖なしで本来の歩き方・日常生活が出来るようになりました。

40代女性 手術でしか治らないと言われた(坐骨神経痛)

一年前に坐骨部から足先にしびれや痛みがあり最初は病院へ行き脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)と診断されました。痛み止めの薬や痛み止めの注射をしてもらい痛み止めが効いているときは普通に歩くことができるが痛み止めが切れてくると激痛で歩くことが出来ず足を引きずるまでになり最終的には手術をした方がいいと言われ手術はしたくない。と当院に来院されました。

まず、痛み止めは痛みの感覚を麻痺させています。当然ながら楽になっている!治ってきている!と思うと思います。しかし、痛み止めは痛みの感覚(痛覚)を麻痺させているだけなので治療とは言えません。その間に筋肉の状態や骨格の歪みは悪化していき,自覚の痛みもひどくなります。なので痛み止めや注射を定期的にやるのはおすすめしません。

来院当初は歩くことも自転車や車に乗るのにも一苦労で足を引きずりながら来院されました。一ヶ月後にある旅行に間に合わせたい。ということで来れる日は毎日来て頂きました。

この症状に対して西東京市 春風堂接骨院(整骨院・整体院)の治療としては硬くなった筋肉に対し柔軟性を出す治療だけでなく骨盤の歪みを矯正する二つからアプローチしていきます。

この方は骨盤は左の傾きがひどく・骨盤の前傾がひどく歪んでいました。 そして常に座る時は足を組んでいたりと日常生活での悪い姿勢の指導やこの方に合った自宅や職場でもできるストレッチ指導を行いました。 この方は一ヶ月後に旅行があり、それまでには歩けるようになりたいと言う事で来れる日はほとんど毎日来て頂きました。少しのしびれは残るものの歩けるようになり旅行も楽しめた!!と知らせを聞きました。私たちもこういう知らせを聞くと嬉しい気持ちになります。

施術の流れ

当院へのアクセス情報

春風堂接骨院・整骨院

所在地西東京市下保谷4-8-18アネックスマノア101
駐車場店舗の横に駐車場あり。事前にご連絡ください。
電話番号042-421-5213
予約自由診療、産後骨盤矯正、交通事故治療 お電話でのご予約が可能です。
休診日木曜午後、日曜・祝祭日
院長大熊 貴之